全米オープンテニス8/26(月)〜9/8(日)開催!視聴方法はこちら。

ビックサーバー(速いサーブを打つ人)の倒し方【5つの対策方法】

ビックサーバー(速いサーブを打つ人)の倒し方【5つの対策方法】

ビックサーバーと試合で当たって負けてしまった、どうやったら相手のサーブを返球できたのか。

相手のサーブが速すぎて返せない。

速いサーブの返し方が知りたい、ビックサーバーの攻略法が知りたい。

この記事ではそんなあなたに、ビックサーバー(速いサーブ)攻略のヒントをいくつか紹介したいと思います。

今回この記事で紹介する方法は、私が試合の中で実際に行なって、ビックサーバーを倒した方法でもありますし、錦織圭選手などのプロテニス選手が試合で日々おこなっている方法でもあります。

なので、ビックサーバー(高速サーブ)対策に悩んでいる場合には、本記事の内容を是非参考にしてみてください。

ビックサーバー(速いサーブ)を打つ人を倒すための戦術5つ

1. リターン位置を下げる

相手のサーブがとにかく強烈なんていう場合には、「リターン位置をベースラインよりも後ろに下げる」というのも有効な戦術の一つです。

ベースラインよりもポジションを下げることで、相手のサーブの球威が落ちたところで返球することが可能になります。

また、ラケットをテイクバックする時間も生まれるので、スイングを大きめにして勢いある返球もかのうになります。

ただ、ベースラインよりリターン位置を下げる戦略には弱点もあります。

リターン位置を下げた場合には、相手のスライスサーブなどの角度をつけたサーブの返球が難しくなります。

ベースラインで返球する場合よりも、ボールの角度変化が大きくなった地点で返球しなくてはならなくなるからです。

なので、リターン位置を下げる時はそのデメリットも頭に入れた上で行うようにしましょう。

2. ブロックリターン(スライスリターン)を使う

ビックサーバー相手にはブロックリターン(スライスリターン)も有効です。

グリップをボレーのグリップにして、テイクバックはほとんどせず相手のサービスにあわせるだけ。

これだけでも相手のサーブに球威があれば、しっかりとボールは相手コートに返ってくれます。

ブロックリターンをする時に気をつけたいことは、相手のコート深くになるべく返球すること。

ブロックリターンを使ってボールが浅くなってしまうと、次の相手の返球タイミングが早くなり、こちらのピンチとなる可能性が高まります。

なので、ブロックリターンは浮いてもいいから、なるべく深くに返球するようにしましょう。

また、リターン戦術に関しては下記の記事にもその方法を様々書いているので、あわせて読んでみてください。

関連記事:

3. フラット系サーブにはコンパクトなスイングと面作りを

フラット系のビックサーバー相手には、コンパクトなスイングおよびラケット面作りが有効な場面があります。

グリップはスライスではなく、ドライブ時のグリップでラケットを握り、相手の高速フラットサーブにタイミングをあわせて面をあわせましょう。

すると、タイミングとラケット面の角度が上手く相手のフラットサーブにあってくれればボールは綺麗に相手コートに返ってくれます。

しかも、もともと球速が速いフラットサーブですから、こちらのリターンも高速で返ってくれる。

このリターンが決まるとそれがエースもしくはポイントに繋がるなんていうことも多いです。

4. セカンドサーブでプレッシャーをかける

ビックサーバー対策として、セカンドサーブを攻撃していくという方法もひとつあります。

セカンドサーブも強烈なビックサーバーの場合には難しい戦略ですが、セカンドが甘くなるタイプのビックサーバーには有効な作戦です。

セカンド時に、仮に攻撃的なリターンでポイントが取れる場合、相手サーバーには「セカンドサーブになったらやばい、攻められる」と、かなりのプレッシャーがかかるようになります。

この結果として、「ファーストサーブを入れなきゃ」という心理が働き、プレッシャーがかかってファーストサーブの確率が下がっていくんですね。

なので、ビックサーバーのセカンドサーブに対して攻撃が可能そうなら、その試合なり、ゲームの早い段階で一度アタックすることをお勧めします。

5. コースを読む

そして、リターンの基本でもありますが「相手サーブのコースを読む」これもビックサーバー攻略には大事な要素の一つです。

相手の得意としているコース、頻繁に狙ってくるコース、これらを考えながら返球に努めることで、その確率も上がってきます。

前述したようなリターン方法と、コースを読むことを掛け合わせれば、ビックサーバー相手でもあなたの返球確率、ポイント獲得確率は確実に上がっていくはずです。

まとめ

本記事で紹介した、ビックサーバー(速いサーブ)の攻略法をまとめると下記のようになります。

  1. 自分のリターン位置をベースラインから下げる
  2. ブロックリターン(スライスリターン)を使う
  3. フラット系サーブにはコンパクトスイング+面作り
  4. セカンドサーブにアタック
  5. コースや球種を読む

これらの方法を組み合わせ実践することで、ビックサーバー(速いサーブ)を攻略できる可能性が大きく上がります。

是非、次の試合や練習の時に実践してみてください!!

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です