全米オープンテニス8/26(月)〜9/8(日)開催!視聴方法はこちら。

テニスが上達するにはどれ位の期間がかかるのか【短期間でうまくなるにはどうすべきか】

テニスのレベル(技術)が上がるのにどれ位の期間が必要なのか。

テニスを現時点でしていたり、これからテニスを始めることを検討している人にとっては気になる話ではありますよね。

そこで本記事では、実際にテニスが上達するまでにかかる期間と、どうやったら短期間でレベルを上げることができるのか、という二点についてお話ししていきたいと思います。

私自身も学生時代、社会人になってからのテニス歴は合計で8年目に突入しているところですが、そのテニス歴の中で見てきたテニスプレーヤー達の傾向や実際について書いていきます。

テニスを上達させるのに必要な期間は何年?どうやったらその期間を短くできるか

1. 毎日テニスができる人の上達期間

例えばですが、中学や高校からテニスを始めて、毎日のように部活で練習をできるような人であれば、1年〜3年間でかなりの上達が見込めます。

仮にはじめはボールが相手コートに入らないレベルだったとしても、毎日のようにテニスの練習をしていれば、3年目にはしっかりとしたテニスの試合ができるレベルになります。(もちろん個人差はありますが)

実際に、私が所属していた社会人テニスサークルに一時期高校生が参加していましたが、彼はものすごいスピードで成長していきました。

はじめは初心者だったので、ストロークも不安定、ボレーはからっきしという感じでしたが、一年、二年と部活動でしっかりと鍛えた結果、三年目にはサークルのおじ様方を皆軽くひねれるレベルにまで強くなっていました。

サーブやストロークの強烈なスピンぷりったらなかったです。

なので、現時点学生で、毎日のようにテニスができる環境が整っているという人はその環境を存分に活かしましょう。

毎日テニスをすれば、仮に現時点で初心者だとしても1年2年でものすごくテニスのレベルを上げることが可能です。頑張っていきましょう。

当ブログでもテニスを上達させたいあなた向けに様々な記事を書いています。

ぜひ練習の参考に、息抜きのおともに使ってみてください。

関連カテゴリ:テニス上達法

2. 週に1〜2、3日テニスができる人

今度は週に1〜2日、多くて3日テニスするという人の場合はどうでしょうか。

週に1〜2日となるとやはりその練習量の少なさから、上達までのスピードはどうしても遅くなってしまいます。

仮に社会人初心者でテニスを始めたという場合には、週1の練習の場合、簡単なラリー形式のゲームがこなせるようになるまで半年〜1年かかる可能性もあります。

実際に試合に出て勝とうと思ったら、初勝利をあげるまでに2〜3年という時間がかかる可能性もあります。

もちろん個々人の練習頻度、それまでのスポーツ経験など様々な要素によって変わってくるところではありますが、テニスの技術向上というのは思う以上に時間がかかるものです。

実際にこの記事を書いている私自身も高校3年間、週2回程度の練習量でやっていましたが、在学中は公式戦で1勝もできずというありさまでした。

社会人になってから真剣にテニスをやりはじめてからの約半年間も1勝もできないという状態が続きました。

その後は何とか試合に勝てるようになってきて、今ではその勝率も過去の自分よりかなり高くなってきていて、草トーなどでは優勝したりできるレベルになってきています。

つまり、テニスの上達、試合で勝てるようになったりするためには時間がかかるので、焦りすぎないことが大事と言えます。

関連記事:テニスの試合で一回も勝てなかった私が一勝をもぎ取るまでにやったこと

3. それでも短期間でテニスを上達させたいなら

「テニスが上手くなるのに時間が年単位でかかるのは分かった。それでも、できるだけ早く上達したいんだ。」

という人は、次のような点に気をつけてテニスの練習(試合)をするようにしましょう。

  • できる範囲内で練習頻度を高くする
  • 勝てないとしても可能な限り試合に出る
  • 試合に出て自分の勝てた理由・負けた理由をしっかり分析する
  • 自分が試合で勝つためにひつような点を意識して練習する

これらのPDCAサイクルを回して練習(試合)することで、間違いなくあなたのテニスの技術は向上するはずです。

このあたりのテニス上達方法については下記に詳しく書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:

また、試合に勝つという点においては、その勝ち方を事前に把握しておくことも大事です。

テニスの練習と試合というものは似て非なるものでもあるので、試合に限った戦術や戦略を用意しておかなければいけません。

現時点で試合に勝てていないという人や、これから試合に出ようとしている人はまず、下記の関連リンク記事(私が別ブログに書いている記事:note)を読んでみてください。

その記事に書かれている内容を知っているだけでも、試合の勝率が上がり、試合初勝利までの時間を間違いなく早めることができます。

ぜひご一読くださいませ。

関連リンク:

まとめ

テニスを上達させるのにどれ位の期間がかかるのか、本記事で紹介した内容をまとめると下記のようになります。

  • 毎日練習すれば1〜3年でかなりの技術向上が見込める
  • 週1〜2日の練習ペースだと、初心者から始めた場合、試合に出れるレベルまでに1年、試合で勝てるようになるのに2〜3年以上かかることもある
  • とはいえ、その期間を自分の努力や工夫で短くすることも可能

テニスがうまくなるのに時間がかかると聞くと、なんとなくネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、逆に考えればそれだけ長く楽しめるということでもあります。

すぐに上手くなって強くなってしまったら、そこでテニスに飽きてしまう可能性も出てきますが、テニスという競技はそのやりごたえから、なかなか私達テニスプレーヤーを飽きさせてくれません。

噛めば噛むほど味が出る、テニスはそんなスポーツだと思います。

なので、一足飛びの上達を夢見るのではなく、一歩一歩目の前の技術向上・スキル向上に努力していきましょう。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です