全米オープンテニス8/26(月)〜9/8(日)開催!視聴方法はこちら。

シングルス初心者・初級者が読むべき本はこれ「テニス 泥臭くても勝つ攻め方」

テニス 泥臭くても勝つ攻め方

シングルスの試合に出てみたい、シングルスの試合に出はじめたけど中々勝てない、一勝はできるけど二勝目が遠い…。

そんなあなたにおすすめなのが「テニス 泥臭くても勝つ攻め方」というテニス本。

この本を読むことで、あなたは次のような「テニスで勝つためのノウハウ」を手に入れることができます。

  • シングルスのセオリーやミスを減らす方法
  • 試合に勝つための各種練習方法
  • 対戦相手のタイプ別(粘るプレーヤー、ボレーヤー、スライスマンなど)の攻略法
  • 各コートの特徴と取るべき戦略
  • 試合前日から当日までの過ごし方

本記事では、これらの項目の中からいくつか内容をピックアップして紹介していきたいと思います。

シングルスの試合で勝てるようになりたい!という方は是非読み進めてみてください。

テニス 泥臭くても勝つ攻め方がオススメ本な理由

1. シングルス初心者〜初級者向けの内容が幅広く書かれている

テニス 泥臭くても勝つ攻め方 P52-53

©️テニス 泥臭くても勝つ攻め方 P52-P53

テニス 泥臭くても勝つ攻め方」にはシングルス初心者やシングルス初級者向けに、試合や練習で使える内容が幅広く書かれています。

例えば、下記のような内容が記載されています。

  • 打つべきコースのセオリーや初級者がミスしやすいショットの対策
  • スピン・スライス・ボレーなどのショットの練習方法
  • 対戦相手のタイプ別の対処法
  • コート別の有効な戦術や対処法

これら、「テニス 泥臭くても勝つ攻め方」に書かれている情報を頭に入れた上で練習や試合をするかしないかによって、実際のゲームや試合で勝てるか勝てないかという結果が大きく変わってきます。

なのでもし、あなたがシングルスの試合で1勝もしたことがない、もしくは2回線で負けてしまうことが多いなんていう場合には「テニス 泥臭くても勝つ攻め方」を一読することをおすすめします。

2. 対戦相手のタイプ別の対処法が書かれている

テニス 泥臭くても勝つ攻め方 P9

©️テニス 泥臭くても勝つ攻め方 P9

テニス 泥臭くても勝つ攻め方」の良いポイントの一つとして、「対戦相手のタイプ別攻略法」が記載されていることが挙げられます。

例えば、どんなボールでもしつこく返してくるプレイヤー、俗に言うシコラータイプのプレーヤーの攻略方法などが載っています。

(前略)このタイプのもうひとつの特徴は、相手のボールの威力を利用して打つことです。すべて返してくるので、速いボールを打とうとすればするほど、このタイプの罠にはまってしまいます。ロブぎみのストロークなど、遅いボールが有効です。速い1stサービスもいりません。

©️テニス 泥臭くても勝つ攻め方 P101

テニスシングルスの場合、ダブルス以上に相手との自分の相性というものが重要になってきますから、相手のタイプ(戦略)を知ることで試合を大きく優位に進めることができるようになります。

当ブログでも、シコラータイプのプレーヤー対策などを記事にしていたりしますが、そういったタイプ別の攻略法は多く知っておくに越したことはありません。

3. コート別のとるべき戦略が載っている

テニス 泥臭くても勝つ攻め方 P10

©️テニス 泥臭くても勝つ攻め方 P10

テニス 泥臭くても勝つ攻め方」のもう一つの良いポイントとして、コート別のとるべき戦略が載っているということも挙げられます。

テニスではコートの種類(オムニコート、ハードコート、クレーコートetc)によってボールのバウンドや速度が大きく変わってくるので、その特性を掴むことが非常に重要になります。

例えば、「テニス 泥臭くても勝つ攻め方」では、オムニコートの特徴やその対策として以下のような内容が書かれています。

(前略)オムニコートではバウンドしたあとのボールは滑ります。ハードコートに比べて、バウンドしたあとのボールは弾みません。プレースタイルはスライス回転を重視するのがいいでしょう。

©️テニス 泥臭くても勝つ攻め方 P132

この内容以外にもまだ、オムニコートの特徴や対策が書かれていますし、オムニコート以外のコートの特徴と戦略が「テニス 泥臭くても勝つ攻め方」には記載されています。

当ブログでも、オムニコートの特徴や戦略は記事にしたりしていますが、やはりその試合で使用するコートの特徴を把握することは重要です。

使用するコートにあった戦術をとることができれば、あなたのテニスの能力を120%発揮することも可能になりますから、是非各コートの特徴と取るべき戦略を把握してみてください。

まとめ

本記事で紹介した「テニス 泥臭くても勝つ攻め方」の内容をまとめると以下のようになります。

  1. シングルス初心者〜初級者向けの内容が幅広く書かれている
  2. 対戦相手のタイプ別の対処法が書かれている
  3. コート別のとるべき戦略が載っている

これら、「テニス 泥臭くても勝つ攻め方」に記載されている内容を頭に入れた上で実際の試合に出ることで、その勝率は間違いなく上がってくれるはずです。

ぜひ、本書の内容を自分のものにし、シングルス試合での勝利をもぎ取ってください!!

また、「テニス 泥臭くても勝つ攻め方」に書かれているような試合の勝ち方のエッセンスや、当ブログ「楽テニス」で書き溜めているような試合で勝つ方法を凝縮させたのが下記の記事(別ブログ:note)になります。

これを読み込み実践すればシングルスの試合で勝てるようになること請け合いなので、ぜひご一読ください。

関連リンク:テニス初心者〜初中級者がシングルスの試合で勝つためにすべきことの全て

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です