全米オープンテニス8/26(月)〜9/8(日)開催!視聴方法はこちら。

テニスのフォアハンドで強打を安定して成功させるためのコツ

フォアハンド強打のコツ

試合やゲームでなかなかフォアハンドの強打がコートに入らない、ネットにかかってしまう。

そんな悩みを持っていたりしませんか。

本記事では、そんなあなたの強打に関する悩みを解決すべく「フォアハンド強打安定のための三つのコツ」を紹介したいと思います。

ここに書かれている内容を意識して実践するだけで間違いなくあなたのフォアハンド強打の成功確率がアップするので、是非読み進めて実践してみて下さい。

フォアハンドの強打を安定させるためのコツ3選

1. 高い打点で打つ(打点を落とさない)

フォアハンドで強打をしようとする場合、その打点はできる限り高い方がいいです。

具体的には腰より高く、肩の高さ位の高さが良いでしょう。(そこを超えてしまうとまた逆に打ちづらい)

高い打点で打つことでまずネットする可能性が単純に減ります。

そして、低い打点でトップスピンを打つ時のように大きくラケットヘッドを動かす(持ち上げる)必要がなくなるのでボールとラケットががしゃる可能性が減ります。

軟式経験ある方で、打点をよく落とす方がいるのですが、打点は落とせば落とすほどネットする可能性が上がるので、できる限り打点は上げておいた方がフォアハンドの強打は確率が安定します。

また、高い打点で打つためにもフォアハンドの強打をするためにはフットワークも意識しましょう。

なるべくボールの高さが落ちてしまう前に打点に入れるように、フットワークを意識してボールに早く追いつけるよう努力しましょう。

こういった適切な打点やフットワークを意識しないで強打してネットを繰り返すという人もテニス初級者(特に男性)には多くいます。

そういったプレーを続けていると試合やゲームで勝つことが難しくなってしまうので気をつけるようにしましょう。

関連記事:【テニス】あなたがシングルスの試合で勝てない理由5つ。その対策と戦略【負けない為に】

2. クロス方向に打つ

フォアハンドの強打を成功させるコツの一つとしてクロス方向に強打を打つというのがあります。

単純にクロス方向とストレート方向とではコートの長さが違いますから、同じ強打でもクロス方向に打った方がコートに入る(バックアウトしない)可能性が上がります。

また、クロス方向に打つことでネットの低いところを通すことができますから、強打がネットする可能性も下げることができます。

そのため、試合でフォアハンドの強打を打ちたいと考えるのであればまずはクロス方向に強打をしてみましょう。

そして、その日のフォアハンド強打の調子が良さそうであれば順次ストレートも強打してみると良いです。

また、クロス方向に打つというのは何も強打に限った話ではなく、試合で安定したプレーをする基本でもあります。

この機会に改めてその基本プレーを確認するのもよいでしょう。

関連記事:硬式テニスシングルス、試合で勝つための基本戦術7つ

3. トップスピンをかける

フォアハンドの強打を成功させるコツとして、トップスピンをかけるというのがあります。

トップスピンとフラットのショットではどちらがコートに収まりやすいかといえばやはりトップスピンですよね。

トップスピンがしっかりとかかってくれれば強打がバックアウトする可能性も低くなりますし、トップスピンでショットの弾道を高くできればネットする可能性も下がります。

なので、試合やゲームで強打を成功させたいと考えるのであればまずはトップスピンでの強打をするようにしましょう。

そして、今日は調子よく強打が決まるなというのであれば徐々にスピン量を減らしていってフラットで打っていくのもよいでしょう。

また、トップスピンをかけることは試合やゲームでのミスを減らす有効な方法でもあります。

安定したゲーム展開を目指すのであれば強打以外の場面でもトップスピンの割合を増やすようにしましょう。

関連記事:テニスの試合やゲームでミスを減らすための考え方と具体的5つの方法

【補足】強打(打ち込み)の練習をする

フォアハンド強打を成功させる方法(技術的な話)以外では、フォアハンド強打の練習をするというのがあります。

フォアハンドの強打もサーブやスマッシュなどの練習と一緒で、それ単体である程度練習しないとゲームや試合の本番で成功させることは難しいです。

練習で確率50%以下のショットが試合本番で70,80%で入るなんていうことはあり得ませんよね。

なので、もしあなたのフォアハンド強打の確率が現時点で悪いというのであれば打ち込み練習をするようにしましょう。

この記事を書いている私も実際にテニススクールで毎週打ち込み練習をするようになってから試合でも強打を打てるようになりました。

是非、あなたも打ち込み練習を普段の練習に取り入れてみて下さい。

まとめ

本記事で紹介したフォアハンドの強打を成功させるコツをまとめると以下のようになります。

  • 打点を落とさずに高い打点で打つ
  • まずはストレートでなくクロス方向に打つ
  • まずはフラットでなくトップスピンで強打する

これらのコツを押さえてフォアハンドの強打をゲームや試合で使って成功させていきましょう。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です