全米オープンテニス8/26(月)〜9/8(日)開催!視聴方法はこちら。

テニスでポーチ出られない、怖いという人でもできるようになる方法とコツ

ポーチが怖い苦手という人でもポーチが-できるようになる方法

テニスでダブルスをやっていて前衛になった時、ポーチに出てみたいでも失敗したらどうしよう、ネットにかけてしまったらどうしよう、などと考えてポーチに出ることができないという気持ち私にもわかります。

相手が後衛ストローカーが打ってきた球に割って入るというのは特に慣れないうちは怖いものです。

そこで、今回この記事ではそんなポーチに出た経験があまりない、もしくはポーチに出るのが怖いといったあなた向けにポーチを成功させる秘訣を伝授します。

この記事に書いてあることを実践していただければ、ポーチに出れないといった苦手意識を減らしていくことができること請け合いです。

なのでぜひ、書かれている内容を実践してみてください。

ポーチに苦手意識がある人でもポーチができるようになる方法5つ

1. 相手ストローカーが体勢を崩した時を狙う

まずポーチに出るタイミングとして、相手の後衛ストローカーが体勢を崩しながら打つ瞬間というのがポーチに出やすいタイミングのひとつです。

どんなに上手い人でも体勢を崩しながら上手くボールをコントロールして返球するというのは難しいものです。

ギリギリ届いたようなボールが浮いて帰ってきたような時こそチャンス、ラケットを振り過ぎず的確に相手の打てないコースにボールを運んでやりましょう。

この時ボレーの強打で決めてやろうなんて考えると特にボレー苦手な人はネットにボールをかけたりバックアウトさせがちなので、強打ではなくてコントロールでポイントを取りにいくことを意識しましょう。

2. 相手プレーヤーがバックハンドで打つ時を狙う

今度は相手プレーヤーがバックバンドで打つときにポーチに出てみましょう。

テニスをするだいたいの人は基本的にフォアハンドに比べてバックハンドが苦手です。

ダブルスでコントロール良くストレートにバックバンドを打つというのは前衛のプレッシャーも重なって難しいものです。

なので、相手がバックバンドで打つときにポーチ出てみてください。

相手ストローカーがバックバンド得意とかいう場合でなければフォアハンドの場合に比べて格段にポーチ成功率は上がるはずです。

かくいうこの記事を書いている私もバックバンドでストローク打つときにポーチ出られるのは結構嫌いです。

バックバンドが苦手って訳でもないですが、やはりバック側で打つときにプレッシャーかけられるのは気持ちよく打つのが難しいです。

3. 気心の知れた仲間との練習時にまずやってみる

やっぱり試合だったりとか普段打ったことない人同士でテニスをする時にポーチに出るのって勇気がいりますよね。

上手くいけばいいですが、ミスをしたら申し訳なくなってしまうという気持ちは私にも分かります。

なので、ポーチをできるようになりたいと思ったらまずはやはり普段から一緒に練習してる気心の知れた人と練習する際に挑戦してみましょう。

気心知れた練習仲間とであればポーチをしてミスをしても気負うこともないでしょうし、気軽に練習できるでしょう。

それでも何度も挑戦してミスしたら気まずい、というのであれば今日はポーチ練習させてと最初に一言言っておけばおっけー。

あなたが上達したいという意思が伝えられればテニス仲間もきっと理解してくれるはずです。

4. サーブ力、ストローク力の高いペアと組む

他力本願にはなりますが、ポーチに出るのがそれでもやっぱり難しい、怖いという人は強い人にペアを組んで貰いましょう。

サーブ力やストローク力の高い人と組めば相手のリターンやストロークが弱くなって返ってくる可能性は格段に上がります。

相手の体制が崩れたり、バックバンドで打つときであれば尚のことポーチの成功率を高めることができます。

味方ペアが強い時に積極的にポーチの練習をして、ポーチに出ることに慣れるというのはいい作戦だと思います。

5. 相手ストローカーがクロスしか打たない人ならチャンス

ある程度テニスが上手な強い人でも、ダブルスで後衛ストロークの時に基本クロスしか打たないなんていう人がいるものです。

そういう相手と試合やゲームをすることになったらしめたもの、数回クロスラリーをみたらタイミングを掴んでポーチに出てみましょう。

ストレートが来る可能性がないと分かっていればポーチにも思い切って出やすいはずです。

実際、何度かポーチに出てもそれでもなおストレートを打たないという頑固な人もいるので、そういう人と打つ機会があったら練習と思って積極的にポーチに出るようにしましょう。

まとめ

この記事で紹介しました、ポーチが怖かったり、苦手意識を持っている人でもポーチができるようになる方法を5つをまとめると以下のようになります。

  • 相手ストローカーが体制を崩した時を狙ってポーチ
  • 相手プレーヤーがバックハンドで打つ時を狙う
  • 気心知れたテニス仲間との練習時におこなう
  • 強い味方ペアと組んだ時に挑戦してみる
  • 相手ストローカーがクロスショット好きならそれを狙う

今回記事の中で、実際のゲームの中でポーチをする方法論と練習論をごちゃ混ぜに書いてしまいましたが、やっぱりなんと言ってもポーチも慣れの部分が大きいです。

あなたがフォアハンドストロークを他のショットよりも気持ちよく打ちやすいのは単純に打った数(練習量)が他のショットを上回っているというのが間違いなくあります。

なので、この記事に書かれていた内容を頭に入れてこれからは是非積極的にダブルス前衛ならポーチに出てください。

そうすればきっとあなたのポーチが苦手といった感覚もなくなりますし、むしろポーチに出ることが楽しくなるはずですよ。

関連記事:

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です