全米オープンテニス8/26(月)〜9/8(日)開催!視聴方法はこちら。

テニスダブルス、試合で前衛のポーチする時に気をつけたい戦術的ポイント5つ

ポーチを持った女性

テニスのダブルス前衛でポーチをする際に気をつけたい5つの戦術的なポイントについて、この記事ではまとめました。

私が日々ダブルスの試合でポーチをする際に考えていることや実戦での経験を踏まえて書いているので、中々ポーチが上手できないんだよなとか、ポーチってなんだか難しそうと考えている人のご参考になればと思います。

また、ポーチが本当に苦手もしくは試合にもほどんど出たことがないという人には下記のような記事も書いていますのでそちらも参考にしてみて下さい。

関連記事:テニスでポーチ出られない、怖いという人でもできるようになる方法とコツ

テニスダブルス前衛のポーチする時に気をつけたい戦術的ポイント5つ

1. 相手はストレートあるタイプか?

ポーチをしようと決めた時、まず初めに気にしたいのが相手プレーヤーがストレートを打ってくるタイプか否か。

テニスも初級〜初中級クラスの場合、下手したらストレートを全く打ってこない可能性があるので、そういう相手に対してはガンガンポーチに出ましょう。

球威やスピン量の要素に寄るところもありますが、クロスしか打ってこない相手へのポーチはストレートがある相手に比べて容易に決めやすいです。

2. ストレートがあるならそれはどんな時か?

仮に相手がストレートを打ってくる人だとしたらそれはどんな時なのか。よく観察して傾向を掴みましょう。

味方のストロークやサーブが甘い時なのか、フォアハンドで打てる時なのか?

バックハンドのストレートはある?など気にしながら相手がストレートを打って来そうなタイミングを読みましょう。

読み切ることができればストレートを誘って、その球を待って逆にポーチをかけることもできます。

3. 味方のサービスと相手リターンの優劣を見極める

ポーチを出ようと考えたときに味方のサービスと相手リターンの優劣を見極めることも大事になってきます。

もっとも簡単にポーチに出れるタイミングが味方ペアのサーブ時になるからです。

味方ペアのサーブが相手ペアの体制を崩してくれたりするようなレベルであれば積極的にポーチに出ることも容易になります。

逆に味方ペアのサーブが相手のリターナーに好き勝手返球されてしまうようだと中々ポーチに出ることも難しくなります。

味方のサーブがあまり有効でないと感じた時は味方サーブ時にポーチに出る回数を減らすのが堅実です。

とは言え、全くポーチに出ないというのでは相手プレーヤにプレッシャーをかけることができなくなってしまうので、味方がファーストサーブをセンターに入れてくれた時は必ず出る等事前に決めておくというのが良いでしょう。

4. ロブのありなしをよく見る

相手のストローカーがロブを打ってくるかこないかもよく観察しましょう。

仮に相手がロブなしの場合、ボレーのポジョンもネット寄りにしてしまってその成功確率を上げてやるのがいいでしょう。

ネットに近ければ近いだけラケットに当てるだけでも相手コートにボールを返球できる可能性が高くなりますからね。

ただし、相手ストローカーにロブがあるならネットへの詰めすぎは厳禁です。いかに身長の高い男性でも抜かれる危険性が出てきます。


またレベルなどの要因にも寄りますが傾向としては男性でロブをボレーヤーに送る人は少なく女性の方は逆に多いという印象が私にはあります。

5. 相手がこちらをよく見てくる人ならフェイントがはまる

相手のレベルが初中級〜になってくるとストローカーもこちらの前衛の動きをみてくるようになります。

そういった相手に対しあからさまにストレートを開け続けていればストレートを抜かれてしまいます。

なので相手がこちらの動きをみてショットを判断しているなと読める場合にはポーチのフェイントをかけてみましょう。

ポーチに出るよ出るよとコートのセンターに寄ってから相手の打ち出しのタイミングでストレートをケアする。

これが上手くはまると相手ストローカーにプレッシャーをかけることができるんですね。

クロスばかりだとポーチに捕まると考えてる相手にストレートもお見通しだよと伝えられれば相手ストローカーはもう何処に打つべきかと悩み始めるのでゲームのペースを握りやすくなります。

なので積極的にポーチに出るのは勿論のことポーチをするならフェイントもセットでするようにすることを忘れないようにしましょう。

まとめ

本記事で紹介した、ポーチに出る時気をつけたい戦術的ポイント5つをまとめると下記のようになります。

  1. 相手プレーヤーはストレートを狙ってくるタイプか確認する
  2. ストレートを狙ってくるとしたらそれはどんな時か見極める
  3. 味方サービスと相手のリターンの優劣を判断する
  4. ロブの有無も忘れずに確認する
  5. 相手がこちらをよく観察してくる相手ならフェイントを入れる

ダブルスで試合に勝ちたいとなったらやっぱりポーチの技術は必須となってきます。

ポーチを使うことで相手にプレッシャーを与えミスを引き出し、試合を有利に進めていけるよう日々練習ときから積極的に挑戦してみましょう。

今回この記事で紹介したようなことを頭の中に入れた上でプレーをすればポーチの成功確率もぐっと上がるはずですよ。

関連記事:

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です