全米オープンテニス8/26(月)〜9/8(日)開催!視聴方法はこちら。

テニスダブルス試合で勝てないペアの共通項5つとその改善策【負けない為に】

二匹の羊

やはり、テニスダブルスの試合で勝てないペアには負けやすい特徴というか共通項があるんですよね。

それがどういったものか、ということについては記事内で詳しく説明するのですが、それらはいずれも私自身の試合で負けた時の経験や、負けてるペアを試合で観察して気づいたものから抜粋しています。

なので、本記事を読むことであなたはテニスダブルスの試合で勝てない、負け続けてしまうという状況を脱出できる可能性があります。

練習をいっぱいして実力をつけろなんていう方法論ではなく、心がけるだけで次の試合やゲームからすぐ使える技術を書いているので安心して下さい。

そして、この記事を読んだら是非その内容をすぐさま実践してみて下さい。

テニスダブルスの試合で勝てないペアの共通項5つとその対策

1. 試合前にペアと戦略を考えられていない

テニスダブルスの試合で勝てない時というのはやはり、ペアと試合前に戦略を考えられていないということが多いです。

戦略といってもそんな難しいものでなく、お互いの得意ショットは何か、苦手なショットは何か、サイドはどっちが好きか嫌いかとかいうレベルの話でもいいんです。

そういう話をペアと試合前にしておけるかという話になります。

例えば、事前に味方の得意ショットが分かっていればそれを中心に攻めることを決めたり、苦手ショットが分かっていればそのショットをなるべく打たなくていい戦術を取ることができます。

仮に味方ペアがボレーが苦手というなら雁行陣主体で、前に出されそうな時も極力平行陣をとらないなんていう選択ができるはずです。

こういったお互いの得意不得意を話しておけるだけでも試合での勝率は大きく変わってきます。

なので、試合に出るペアとは事前にしっかりと話し合うようにしましょう。

ダブルスの戦略については下記の記事にまとめているのでそちらも是非読んで参考にしてみてください。

関連記事:【勝ち方】テニスダブルスで使える10の戦術【男子女子Mix共通】

2. ボールをとる取らない等の声かけが不十分

ダブルスの基本でもあるのですが、結構できないことが多い項目として試合中の声かけがあります。

上がったロブに対してウォッチと声をかける、平行陣をとっていたらそのロブに対してどちらがボールを取りにいくのか、しっかりペアに対して声をかけていくことが重要です。

ダブルスのポイントミスで一番もったいないのがこういった声かけをしないことでの失点です。

テニスの技術的なポイントミスはすぐに改善できないかもしれませんが、声かけのような話であれば次の試合や練習からでもすぐにできるはずです。

なので、今まで実践していなかったという方は是非挑戦してみてください。

3. ポイントやスコアに応じたプレーができていない

ダブルスの試合で勝てないペアに多いのがポイントやスコアに応じたプレーができないということです。

ダブルスに限った話でもないといえばそうなのですが、例えばゲームカウント1-4でポイント15-40のような場合では守備的なプレーを心がけることが必要です。

一発を狙わずにロブやクロスのショットを中心に組み立て極力自分たちのミスを減らす。

こういったプレーをすることで悪い流れをせき止め自分たちにペアに良い流れを引き寄せることができます。

なので、ゲームカウントで不利な状況の時はポーチや平行陣になる頻度、ストレートを狙う数を減らしてできるだけ守備的なプレーをするようにしましょう。

関連記事:テニスの試合やゲームでミスを減らすための考え方と具体的方法

逆に大きくポイントリードしている様な時は積極的なプレーを増やしてもよいでしょう。

気持ちの乗ってきている時の積極的プレーはラケットが振れることもあって上手くいくことが多いです。

つまり、スコアで不利な時は守備的に、有利な時は積極的なプレーを実践していきましょう。

4. 前衛が相手プレーヤーにプレッシャーをかけられていない

ダブルスの試合で勝てないという場合、前衛が相手プレーヤーにプレッシャーをかけれていないという場合も多いです。

味方前衛がポーチに出ない場合、相手ストローカーもノンプレッシャーでストロークを打つことができますから気持ちよくいいショットを打ってくることになります。

そういった事態を防ぐ為にも、前衛はポーチもしくはそのフェイントを入れて相手ストローカーにプレッシャーをかけなければいけません。

ポーチのへの出方やそのポイント戦略に関しては下記の記事にまとめているのでそちらを参考にしてみて下さい。

関連記事:

5. ハイタッチがない(ポイントした時、された時)

試合に勝てないペアというのはやはり、試合中のハイタッチが少ないというのも特徴的です。

これに関しては私自身も経験が多数ありますが、やはりハイタッチができない(ペアとコミュニケーションが上手くとれていない)試合は勝率が悪いです。

自分たちがポイントを取った時にハイタッチをすれば試合で良い流れを味方につけることができますし、逆にポイントを落とした時にハイタッチができれば悪い流れになるのを防ぐことができます。

ダブルスの試合で特に重要と思うのは、ミスしてポイントを落とした時にハイタッチですね。

これの有無で自分達の雰囲気が大きく変わると思います。

自分がミスした時のことを考えてみて下さい。

やはりダブルスだからミスの責任も感じますしそれがゲームポイントだったりすればへこみますよね。

でもそんな時にペアがハイタッチしてくれて大丈夫だよ、まだ勝てると言ってくれたどうでしょう?

元気が湧いてきてまだ戦えるぞとなりませんか?

というような感じで、ダブルスの試合で勝ちたいのであればペアとは積極的にハイタッチを交わすようにしましょう。

ハイタッチに関してはテニスだけでなく他の団体競技などでも取り入れられてる勝つためのコミュニケーションのひとつです。

決して軽視することなく実践していきましょう。

まとめ

今回この記事で紹介したダブルスの試合で勝てないペアの共通項とその改善策を5つまとめると下記のようになります。

  1. 試合前にペアと戦略をよく話し合う
  2. 試合中にボールをとる取らない、ウォッチ等の声かけをしっかりする
  3. ポイントやスコアに応じたプレーを心がける
  4. 前衛は相手ペアにポーチでプレッシャーをかける
  5. ポイントをとってもミスをしてもハイタッチをする

これらのポイントを意識してプレーをするだけでもダブルスは間違いなく勝率が上がっていきますから是非次の練習や試合から実践するようにしてみてください。

関連記事:

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です